個人事業者の税金対策

"フリーライターやフリーイラストレーターといった方のように、個人で仕事をしている方にオススメな税金対策が、「小規模企業共済の利用」です。
この制度は、個人経営者の人が事業を辞めた後に、安定した生活資金を準備する手段としてはじめられたもので、従業員20人(商業とサービス業では5人)以下の事業主であれば、加入が可能です。
月々の掛け金は1,000円から70,000円までの範囲(500円刻み)で任意で選べ途中経済状態の悪化などにより、掛け金の金額の変更も可能。
この制度がどう税金対策に繋がるかというと、掛金の全額が、「小規模企業共済等掛金控除」として課税対象所得から控除されます。
つまりもし月70,000円の支払いで申し込んだとすれば、1年で84万円分の所得控除ができるというわけです。
20年間以上分、収めなければ支払い分の回収よりもらえる共済金は少なくなってしまいますが、それでも掛け金分をまるまる税金に収めるよりは、随分とお得な制度ですので、条件に当てはまる人は、利用の検討をしてみましょう。"

その他の管理サイト一覧