税理士試験の受験資格について

税理士試験を受験するには、受験資格を満たしている必要があります。

【学識によるもの】として次のものがあります。

●大学または短大を卒業した者で、法律学又は経済学を主たる履修科目とする学部(法学部・経済学部・商学部・経営学部)・学校を卒業した者、また、それ以外の学部・学校を卒業した者で、一般教養科目等において法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者

●大学3年次以上の者で、法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者、または、法律学又は経済学に属する科目を含め36単位(外国語及び保健体育科目を除く最低24単位の一般教養科目が必要)以上を取得した者

●専門学校の専門課程(修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業数が1700時間以上に限る)を卒業し、法律学または経済学を修めた者

【資格によるもの】としては次のものがあります。

●日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者

●社団法人全国経理学校協会主催簿記能力検定試験上級合格者

そのほかにも、【職歴によるもの(業務従事期間3年以上)】があり、弁理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、不動産鑑定士等の業務などを経験している人は、受験資格を得ることができる場合もあります。

さらに【認定によるもの】として、国税審議会より受験資格に関して個別認定を受けた者も税理士試験を受験することができます。

詳しい受験資格については、国税庁のホームページなどで必ずご確認ください。

その他の管理サイト一覧