税理士試験に「記憶術」は役立つ?

税理士試験は、おぼえる事が多数あります。「自分の記憶力で試験合格ができるんだろうか・・・?」と不安になる人も多いようです。

税理士試験に役立てようと「記憶術」や「速読術」などのテクニックに頼ろうとする人もいますが、少しだけ注意してください。税理士試験に合格するには「記憶する」だけではなく「記憶を答案に反映させる」ということが大事なのです。税理士試験は記述式の解答をすることになりますので、いくらたくさんの知識があっても「採点者に『伝わる』解答がかけなければ合格は難しい」と言われているのです。

また、税理士試験で問われることは「知識を知っているか、知っていないか」ということではなく、「知識を様々なシーンで活かすことができるか?」ということです。

それをよくわかった上で「まずは知識を取り入れるために、記憶術や速読術を利用する」というのなら、それは勉強法の一つとして有効でしょう。ただ「知識を解答用紙にアウトプットする練習」をどこかで積む必要があるのです。

アウトプットの練習は「ダメ出しをしてくれる人」のもとで、行う必要があります。自分では「良い」と思って書いている答案も、他人が見れば「良くない点」があります。それを指摘してもらえないと、アウトプットのテクニックは上達しません。資格スクールの講師に厳しい採点をされると、一時的には気持ちが落ち込むかもしれません。しかし、そのときに指摘してもらえないと、試験本番まで自分の過ちに気づけない、ということにつながります。厳しい採点をしてくれる講師には感謝して、自分の答案を練り上げていきましょう。

その他の管理サイト一覧