関連資格「日商簿記検定」

税理士試験と関連の高い資格として「日商簿記検定」があります。「簿記」とは「帳簿に記入」という言葉を略したものと言われています。帳簿をつけることは「法律で決まっているから」という意味だけを受け止めるのは、とてももったいないことです。簿記を正確にすることで、経営状態の分析、改善、向上につなげることができるのです。

税理士試験の受験資格の一つとして「日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者」「社団法人全国経理学校協会主催簿記能力検定試験上級合格者」であることが挙げられています。様々なご事情で大学へいけなかった、という方も努力によって受験資格を満たすことができるのです。ちなみに「実践的なのは日商簿記検定1級、試験がやや簡単なのは全経簿記検定上級」と言う人もいます。

もし「日商簿記検定を受験し、税理士試験の受験資格を得たい」という考えのある人は、スケジュールを考えて受験計画を立てる必要があります。必ずしも3級から順番に受験しなければならない、という決まりはありませんが、3級や2級の学習をしてみて「どうしても簿記や会計の世界は自分に合わない」と気づく人もいるかもしれません。また、1級を取得するには時間がかかりますが、2級・3級などに合格するのには、短期間の学習ですむということもありますので、履歴書にも書ける資格を得ることができるというメリットもあります。

税理士試験の受験講座は、日商簿記2級レベルの知識がある人を前提に授業が進められるケースもありますので、税理士試験に本格的に挑む前に日商簿記検定の学習・受験をしてみるというのも良い方法です。

その他の管理サイト一覧