サラリーマンが投資をする場合の税金対策について

"会社に勤めるサラリーマンの方で、給料がなかなか上がらず将来が不安だという方もいるでしょう。そのため、最近は、投資をして積極的に資産運用をしようという考えが広まっています。
また、投資は税金対策にも有効です。投資で損失が発生した場合、払いすぎた所得税を取り戻せる可能性があるからです。
例えば、サラリーマンが不動産投資をしている場合を考えてみましょう。不動産所得は、家賃収入から、建物の減価償却費・修理費等を経費として差し引いて計算します。そして、不動産所得がマイナスの場合、会社からの給与所得と不動産所得を損益通算して、合計所得を求めます。不動産所得がマイナスなので、損益通算により給与所得の金額から、不動産所得の損失額が差し引かれることになります。そして、合計所得が給与所得よりも少なくなり、支払うべき所得税も少なくなります。その結果、給与から天引きされた所得税を取り戻すことができるようになります。なお、払いすぎた所得税を取り戻すためには、確定申告をする必要があります。
注意点として、全ての所得に損益通算ができるのではありません。損益計算をすることができる所得の種類は、不動産所得、事業所得、譲渡所得、山林所得の4種類です。"

その他の管理サイト一覧