税理士試験の科目はどれを選べばいい?

税理士試験は「11科目の試験のうち5科目に合格すること」が条件となります。一度に5科目全てに合格する必要はなく、受験期間にも制限はありません。

●必須科目会計学2科目(簿記論、財務諸表論)

●必須科目税法1科目(所得税法又は法人税法のいずれか1科目選択)

●選択科目税法2科目(必須科目で選択しなかった所得税法又は法人税法、相続税法、消費税法、酒税法、固定資産税、住民税、事業税、国税徴収法より選択)

仕事などをせずに数年は受験勉強に専念できる、という人でも、1年に3科目の学習が限度と言われています。簿記論と財務諸表論は全員が選択しなければなりませんが、税法9科目の中からどの3科目を選択するかは、よく考える必要があります。

「どんな税理士になりたいか」が判断のポイントともなりますので、自分がなぜ税理士をめざし、どんな分野での活躍をしたいのか、ということを考えましょう。たとえば「企業を顧客としたい」と考える人ならば、法人税法や消費税法の学習をしておけば実務に就く際に有利となります。個人向けの税務相談を主たる業務としたい人は、所得税法や相続税法の学習が後に役立ちます。
学習する順序ですが、一般的には「簿記論、財務諸表論」を学習スタート時の科目に選ぶ人が多いです。この2科目は、共通する学習内容も多く、同時に学習することで相互理解が深まるという面もあるのです。

さらに、所得税法と法人税法はボリュームが大きいので、他の税法を同時に学習するならボリュームの少ないものを選ぶという方法もあります。

多くの資格スクールでは、受講相談会を設けていますので、一度出向いて相談してみると良いでしょう。

その他の管理サイト一覧

アデコで派遣登録したけどやっぱり良いね